オハコルテのこと

オハコルテがフルーツタルトを作るわけ

オハコルテはフルーツタルトの専門店です。2009年4月にオープンしました。

フルーツを、フルーツより美味しく。

それぞれの季節にいちばんおいしいフルーツを、
フルーツそのものを食べるよりもさらに美味しくなるようにと想いを込めてつくっています。

みずみずしいフレッシュフルーツをたっぷりのせた、
サクサクのフルーツタルトをたくさんの人に味わってもらいたい。
季節ごとに変わる旬のフルーツをたっぷりのせたフルーツタルトを口いっぱいにほおばることで、
刻々と移り変わるきらきらした季節を感じてもらいたい。
大好きな人へ季節をとどける大切な贈り物にしてほしい。

箱をあけた瞬間に嬉しくなって食べるともっと嬉しくなる、
小さなタルトに今だけの季節をたっぷりのせて、
[oHacorte] は今日もタルトをつくっています。

サクサクタルトのひみつ

オハコルテのフルーツタルトがサクサクなのは、
なんども、
なんども、
繰り返し、じっくり焼いているからです。

型に敷いた生地に重しをしてオーブンへ
重しを外してオーブンへ
溶き卵を塗ってさらにオーブンへ
クリームやフルーツをのせるまでに、ぜんぶで4回焼くこともあります。

何度も何度も繰り返し焼くことで、
クリームやフルーツの水分でふにゃりとしないサクサクの生地が出来上がります。

タルトを口にするそのときまで、サクサクはサクサクのまんまで。

オハコルテが大切にしていることのひとつです。

7センチメートルの秘密

お店に並ぶオハコルテのフルーツタルトは直径7cmの型でひとつずつ作っています。
7センチメートルには理由があります。

サクサクのタルト生地と
甘さをおさえたオリジナルのクリーム
そのうえにたっぷりのせるフレッシュなフルーツ

大きいタルトだとサクサク生地のボリュームが足りない。
小さすぎるタルトはクリームやフルーツがちょっぴりしかのせられない。

7センチメートルにぎゅっとつまったそのバランスが理想的だと考えて、
オハコルテのタルトは7センチメートルなのです。
そのうえ、見た目の可愛らしさも抜群で、食べたときの満足感もちょうどいいと思うのです。

ほんとうは、大きなホールタルトを切り分けてお売りする方が手間がかからないのですけれど。

オハコルテは7センチメートルのバランスをとてもたいせつに思っているのです。

箱のはなし

気持ちをいっぱいつめこんで。

オハコルテのタルトはお持ち帰りいただくときに
おなじみのオハコブルーの箱に詰めてお渡ししています。
ご自宅用とか贈り物用だとか、そういうふうに区別はしていません。

大切な家族
大切なお友達
大切なあのひとへの贈り物に

それから
大切なあなた自身への贈り物にも

オハコルテのタルトを届けてほしいからです。

オハコの日

毎月18日はオハコの日
No.18=十八番=オハコ、オハコルテの名前の由来です。

オハコルテでは、毎月18日をオハコの日と決めています。
オハコの日にはその季節だけの旬のフルーツを使ったタルトや新作のタルトが店頭に並びます。

フルーツの旬は短くて、その年によっては数週間しか手に入れられないことも。

それでも、そのときしか食べられないおいしさをひとりでも多くのお客様に届けたいと、オハコルテは考えています。

だから、オハコルテのタルトは毎月顔ぶれが入れ替わります。

毎月毎月のことなので、スタッフはみんないつでも新しいタルトのことを考えています。

このフルーツにはあの生地を
クリームはあれとあれを合わせて
食感のアクセントもほしいなぁ・・・

なんて。

そうして持ち寄ったみんなのアイデアで、また新しいタルトが生まれるのです。

さらにオハコの日限定で、
ほんのひとくちずつではありますが、店頭にてご試食用のタルトをお配り致します。
季節のタルトの美味しさをより多くのお客様に知っていただけたらな、という想いを込めて。

また日頃のご愛顧に感謝し、オハコの日はポイントを2倍つけさせて頂きます。
※18日にお受け取りのタルトを事前にご予約頂いたお客様も対象となります。

そんなうれしい楽しいオハコの日。
是非みなさんでお誘い合わせのうえ遊びにいらしてください。
スタッフ一同、お待ちしております。

ページの先頭へ戻る